2013/12/28

リジッドから1,208時間穿いたプチスタンダード。リジッド#23

以下の画像はリジッドから1208時間穿いた、apcのプチスタンダードジーンズの画像です。洗濯回数は0回です。

色落ちが見受けられますが、1200時間穿いてこの程度の色落ちか、という感じです。

リジッドの風合いを長く保ちたいので、願ったり叶ったりなのですが、ここまで穿けばもっと色落ちすると思っていました。洗濯しなければこの程度のようです。

以下、各箇所の画像。

2013/12/23

4回洗濯したプチスタンダードの切れ端

今回は、4回洗濯したapcのデニムの切れ端の画像投稿です。


以下の画像は、4回洗濯したapcデニムの切れ端です。
サイズは縦7.8幅17です。
ノリは完全に落ちたと思います。
裾にシングルステッチによるうねりがでてきています。
着用しているとこのうねりに沿って色落ちします。


洗濯4回目


この生地の色味が薄くなるまで洗濯を続けたいと思います。


終わり。

2013/12/17

三回洗濯したプチスタンダードの切れ端

三回洗濯したプチスタンダードの切れ端です。


洗濯3回

サイズは縦7.8cm幅17cmでファーストウオッシュ以降変化ありません。
この画像では黒いのですが、実物の色味は洗濯の度に青さが増しています。




上の画像は、左からリジッドの切れ端、3回洗濯した切れ端、お湯でノリを落とし、半年間で3回洗濯したプチスタの切れ端です。
実物よりステッチのオレンジの色味が強くでています。

終わり。

2013/12/15

a.p.c.ジーンズの切れ端を洗っていく

タイトルの通り、ジーンズの切れはしを洗っていこうと思います(更新不定期)。


洗濯何回で、どの程度の青さになるのかを記録するのが狙いです。
画像はスキャンします。


セカンドウオッシュ後のサイズは、縦の長さは7.8くらいで、裾幅は17くらい。
前回と変わっていません。裾がうねってます(オリジナルのシングルステッチ)。


洗濯二回目

ファーストウオッシュはお湯で洗わなければ、そんなに青々しないと思いました。
画像では黒々していますが、実物は今回のセカンドウオッシュで青々しさの片鱗を感じました。


終わり。

2013/12/13

リジッドから1,153時間穿いたプチスタンダード。リジッド#22

リジッドから1,153時間穿いたプチスタンダードです(未洗濯)。
ほぼ下にヒートテックタイツを穿いています。





下の画像は、濃い色味のほうが、リジッドから穿きこんだプチスタで、色落ちしたほうが、糊落し後に着用開始したプチスタです。中央で折り平置きしました。





リジッドから穿いたプチスタは既に右のプチスタの総穿きこみ時間の2/3程度は穿いたと思います。当然ですが、洗わなければ色落ちしません。

色落ちしたプチスタの穿きこみ詳細は過去のエントリーに記載してあるのでよろしければご覧下さい。


終わり。

2013/12/12

アーペーセージーンズは洗うと縮むのか?切れ端で確かめる

今回は、洗濯によりデニムがどの程度縮むかを知るには、裾あげでカットした方の生地を洗濯前、後で計測すればいいのではないか?という疑問を解決するための第一回目です。


洗濯前の計測、スキャンした画像のアップをしました。


画像は以下。
計測位置にバラつきがでると正確ではなくなるので、インサイドシームのステッチの長さを計測することにします。画像の縦に縫われている糸のことです。
約8cmでした。裾幅は17.4cmくらいです。


未洗い



上掲の生地が、どの程度縮んだかを数値かパーセーンテージで報告します。


この8cmの生地が洗濯後、7.2cmになれば、10%縮んだことになるのですが、股下75の場合、洗濯後、67.5cmになるとは考えられません。この場合は、股下も0.8cm縮むと予測します。


縮率の計測に加え、色落ちの経過も記録しようと思うので、数十回は洗濯、計測を続けたいと思っています。


洗濯条件は、この生地単体で裏返して水洗い、洗剤エマール、天日干し、水量は10L、注水から脱水まで27分の標準コースで毎回洗濯します。


などと意気込んでいたのですが洗濯後…。

2013/12/11

A.P.C.ジーンズの洗濯後の縮みに関する情報を見つけた2

今回は、プチニュースタンダードをネットで見ていたら、あるオンラインストアにて、アーペーセーデニムの洗濯に関する情報を見つけたので、紹介します。
URL、内容は以下の通りです。宣伝ではないので、直接リンクはりません。
ソースが気になる方のみリンク先を確認してください。


参照元URL : http://velista.biz/?pid=61561701


引用ここから
---洗濯に関して---
水洗いの条件によって縮率は変動します。
軽い短時間(15分程度)の水洗いであれば、3%程度の縮率となります。時間をかけてしっかりと洗う
場合は5%程度の縮率となります。
水洗いをせずに1,2年穿き続けた場合は、生地自体が伸び、その状態で固着します。
その為、水洗いをしても縮みが少なくなります。
縮み
丈:1回目の水洗いで約2~3cm。5回目までの水洗いで5cm前後の縮み。
幅:ウエストの縮みは1cm前後になりますが、その後、着用により伸びます。
A.P.C.のデニムはオールドリーバイスを基に作成された生地といえます。
独特の縦落ち感を出すには水洗いをせず、長期間着用する事が必要と言えます。
色落ち、縮みを防ぐ為にはドライクリーニングが最も有効です。
引用ここまで


上記を参考にして、1,2年水洗いせずに穿き続ければ、生地自体が伸び、固着するとのことなので、限界まではいて、ドライクリーニングにだします。


私が、穿きこんだプチスタはあまり縦落ちしていません。
これまでにユーズドのapcジーンズを50本以上は見てきましたが、生地が縦落ちしていると感じたことはありません。
ただ、水洗いせずに長期穿きこみ、ドライクリーニングをすれば縦落ちするのかもしれません。
縦落ちするかも、という淡い期待を持ち穿こうと思います。
↑縦落ちの意味を勘違いしていました。縦落ちしたAPCジーンズは、何本もみてきました(2013.12.23訂正)。

裾アゲ時にカットした生地を洗濯し、何%縮むか調べれば、股下がどの程度縮むかわかるのでは?と思いました。


ということで検証します。


終わり。

2013/12/01

アーペーセージーンズが2014.1.1から二千円値上げ

現在、16,800円のアーペーセージーンズが、来年の元旦から税込み18,900円になるようです。


2014年4月からは消費税が8%になるため、a.p.c.ジーンズの価格が税込み19,940円になり、現在より約3,000円高くなります。



購入予定のある方は、年内の購入を検討してみてはいかがでしょうか。