2014/08/26

アーペーセージーンズを短パンにして穿いた雑感2014

今回の投稿は、今年短パンにしたアーペーセーデニムを今夏穿いた雑感です。


去年はレスキューを短パンにして穿いていました。
今年はまた別に購入したユーズドのアーペーセーデニムを短パンにして穿きました。


このジーンズのモデル名は不明ですが、日本製なのでだいぶ昔の製品になると思います。
カットする前の形はスタンダードに近かったと思います。


当ブログに画像を投稿してきたプチスタと違いこちらはよく洗濯をしました。
洗剤は市販の物で、デニム用等の特別なこだわりの無い洗剤を使用しました。
アクロン、エマール等の界面活性剤が入っていないものでもありません。


洗濯した結果、特にひっかかる点はありませんでした。
これまでは、エマールでの洗濯やドライクリーニングに拘っていたのですが、無駄だったかも。


以下画像です。


前後ろ。






このジーンズにはモデル名の記載がありません。
現在販売されている製品にはニュースタンダード等のモデル名が刺繍がされています。





赤耳の幅が広いのでこの耳は好みではありません。
またこの耳の赤みが洗濯するごとに薄いピンクになってくれた方がいいと思います。
裾はチェーンステッチ仕上げにしたので、それなりの色落ちをしそうです。





生地は未だにザラ感、コシがありいい生地だと思います。





耳のアタリは残念ながら弱いです。





バックポケットです。
何か物足りないのは、凹凸があまりなくアタリが弱いからです。





今夏この短パンをよく履いたのですが、違和感無く、生活に馴染んで良かったです。
丈が長いなとか、生地が暑っ苦しい等の不快感を一切感じませんでした。
強いて気になった点を書くのであれば、前述した通り、細部のアタリがいまいちという点くらいです。


終わり。