2014/10/19

リジッドから穿いてきたプチスタをセルフリペアしました

今回は、リジッドから1,984時間着用したa.p.c.のプチスタのリペアに関する内容です。


でんぶの生地が薄くなってきたプチスタの補修費用の見積もりを出してもらったのですが、プチスタの定価の二割程度だったので、新品を買ったほうがいいなと思い補修に出すのを辞めて、ダメージ部分に補修布をアイロンで接着することにしました。


以下、画像です。


内部





100均一で購入した補修布、ひじ、ひざあて用をアイロンで接着しました。
タタキより強度は無いのですが、それなりにもってくれればいいです。
剥がれたらまた貼ります。
これでこのプチスタを気兼ねなく着用できます。
今後は暫くは上掲のプチスタを中心に穿こうと思います。


以下、追記


終わり。

2014/10/14

糊を落としてから穿いてきたプチスタ#23(34週と554時間着、6回洗濯)


今回の投稿は、糊を落としてから着用を開始したプチスタに関する内容です。


以下の画像は、34週と554時間ほど穿いて六回目の洗濯、乾燥後のプチスタです。
着用期間は今年の11月で三年目です。
このジーンズを34週まで着用した頃に、期間ではなく時間で計測しないと意味が無いと気づきました。
何故なら一日の着用時間は人によってバラつきがあるからです。


ヨゴレが落ち生地にコシが戻りました。
 生地の質感。
 膝裏の色落ちがくっきりしています。


ここまで当ブログを運営してきて気づいたことがあります。
ネットにアップされている色落ちしたジーンズの画像と上掲のプチスタの画像を比べても色落ちの遜色がないと思うのですが、プチスタの実物はこの画像よりも見栄えがよくないので、ネットでアップされているよく色落ちしたジーンズの画像の実物は、それらの画像ほど見栄えがよくないのでは?と思うようになりました(主観)。


終わり。

2014/10/12

糊を落としてから穿いてきたプチスタ#22(34週と554時間着、5回洗濯)


今回の投稿は、糊を落としてから着用を開始したプチスタに関する内容です。
洗う前の記録として投稿します。


以下の画像は、34週と554時間ほど穿いたプチスタです。
期間は今年の11月で三年目になります。
清潔感よりも色落ちを重視してきましたが、匂いを感じたことはありません。
ただ一度、梅雨に着用した際に冬場と同じ感覚で穿いていたらベタつきを感じたのでそれ以降、梅雨と夏場の着用は控えることにしました(着用後、洗うことになり必要以上に色落ちが進むことを危惧)。


以下画像です。




2014/10/11

夏場穿いていたズニの短パン

今回は今年の夏場穿いていたドゥニームのジーンズ短パン編です。
アーペーセーと無関係ですが、ジーンズ繋がりということで。オマケ的な記録。
以下画像。股下16cmだったと思います。



 耳のアタリがいい。


 バックヨーク等パッカリングのアタリがいい。


旧denimeとはバックポケット内のタグが異なります。


新ズニの評判があまりよくないので、色落ちもよくないと思っていたのですが、偏見でした。
アーペーセーデニムよりも細部の色落ち込みで良い色落ちをすると思います。
こちらは66モデルの短パンなのですが、デニムショーツとしてはアーペーセーデニムよりもドゥニームの方が上だと思いました(主観)。


終わり。