2015/12/27

プチスタの皺とシワを合わせてプチ幸せ

年末ということで、色落ちしたプチスタのシワ合わせ。糊を落としてから穿いてきたプチスタを折り、リジッドから穿いてきたプチスタの上に重ね置きして2本のプチスタを合せました。









下がリジッドから穿いてるプチスタ


折ってあるのが糊を落としてから穿いたプチスタ


これらを真ん中で折って合わせていきます 






画像正面左がリジッドから穿いたプチスタ

1本のプチスタに見えますが

ウエストボタンが二つ写っています 






画像の正面右がリジッドから穿いてきたプチスタンダード

リジッドから穿いてる方が色落ちの輪郭がシャープです

糊を落としてから穿いたやつは腿の縦落ちが激しい 






下がリジッドから穿いたプチスタ

折ったのが糊プチ 






左がリジッドから穿いたプチスタ

右は糊をおとしたプチスタ

生地はヴィンテージっぽい色落ち

旧式のりきしょっきを使用し、織られたとのことですが

いつの年代の機械なのだろうか 






左がリジッドから~右が糊を落としてから穿いたPSの背面

リジッドから穿いてきたやつの方が裾クッションのアタリがはっきりしてます

生地が固い期間が長かったからかな 




右がリジッドから穿いてきたプチスタです

臀部のダメージでご確認ください

ハチノスもリジッドからの方がシャープです 






糊を落としてから穿いたプチスタを折りました 






ハチノス

両サイドがリジッドから穿いてきたPS

糊を落としたプチスタはアタリの輪郭がぼやけぎみ

ジーンズの色落ちに興味を持って

ハチノスをはじめてみたときは気持ち悪いと思いました

思い出したら気持ち悪くなってきた 






右がリジッドから穿いたプチスティ

膝が出ないと生地がつっぱらないのでハチノスができません

ここの幅がジャストに近いほどハチノスの幅が狭くなり

蛇の腹部のようになります 






左が糊を落としてから穿いてるプチスタンダード

右がリジッドから穿いてるプチスタンダード

左の裾のアタリは上出来

こうなってほしかったのでチェーンステッチにしました 



違いはアタリの輪郭がボヤけぎみな所とタテオチくらいです。



来年の梅雨前から夏期は除いて、このプチスタを穿くのは残りは約7ヶ月。その後は労りながらたまに穿いて、老後に眺めたりするかも。走馬灯にこのプチスタが映ったらちょっと嫌だな。



またも冗長になりそうなのでここらへんで。



皆様、今年も有り難うございました。

良い色お年を

2015/12/22

リジッドから約3,087時間着用したa.p.c.のプチスタンダード#48

今回の投稿は、リジッドから約3,087時間着用したapcのpetit standardの画像です。

浸け置きしたので前回からあまり穿いていないのですが、投稿します。理由は補修した際にアイロンのスチームで汚れが浮き出てきたからです。

前回より着用時間があまり延びていないのは、十日程ブラックジーンズを穿いていた為です。


このプチスタは着用1,436時間と1,984時間目でドライクリーニングにだし、2,343時間、2,506時間、2,686時間目に三度水洗いし、2,929時間、3087時間目(今回)で浸け置き(soak)をしました。


画像を特大表示に設定しました。


浸け置きでも生地のコシは戻るようです


ボロい
簡易補修で臀部周りを補修布で固めた為、
変なアタリが増えそうなので若干不安

2015/12/17

穿くのを止めるまで増えるダメージ

今回はまたダメージが増えたので、補修をした報告です。臀部の生地が全体的に限界です。100均のデニム地のアイロンで熱着する補修布を裏からあてました。このプチスタ(リジッドから穿いてきたPS)はその場しのぎの応急処置を重ねて穿き潰す所存です。



白い矢印のしたの箇所が新ダメージです
横糸でぎりぎり繋がっています
右のダメージも酷い


ポケット下にも

2015/12/05

糊を落としてから着用を開始したapcの某デニム

今回の投稿は、糊を落としてから着用を開始したプチスタに関する内容です。


以下の画像は、大体34週と630時間穿いて、計六回洗濯したプチスタンダードです。34週までは着用日数でカウントしていましたが、34週以降は着用時間を加算しました。


前回の投稿以来こちらは着用していません。忘れていたわけではなく、リジッドから穿いているプチスタの方が穿き込みが足りないと思ったのでそちらばかり着用していました。


夕方に屋外で撮影したので実物より濃淡が強く写っていました。



上の画像はサイズ縮小のみ
この画像を元にして加工してみました