2016/04/24

リジッドから約 3,480 時間着用した A.P.C. の プチスタンダード #53

今回の投稿は、リジッドから約3,480時間着用したA.P.C.のプチスタンダードの画像です。
3,500時間以上穿いたと思い撮影したのですが、記録をみて加算したところ20時間足りていませんでした。







裏に当て布をしすぎて臀部が隆起しています
撮影時、平らにしようと試みたのですが、
平らになりませんでした






2016/04/13

また一つダメージが増えた

プチスタのでん部にまた一つ新しい傷が増えました。



プチスタの内部を撮影
光が差し込んでいる箇所が穴です



パンツ内部
赤い↓の下部が切れました
あて布とあて布の間の生地に負荷がかかり裂けました
また別の箇所が切れると思いますが、事後対応



赤い矢印下部の黒いあて布が今回の補修箇所です
穿いているとこのあて布をした箇所がゴワつきます
勿論オムツ状態



パンツ外部
補修になっていない補修前



補修になっていない補修後



アウトシーム上部
赤耳の糸が飛び出ている



ユーズド加工デニムのようなダメージは3,500時間近く穿いても得られませんでした。
自転車に乗らなければ膝、腰周り、臀部に大差のない負荷がかかり、アタリがつき、徐々に生地が擦り切れていき数千時間も穿けばユーズド加工デニムのようなダメージになると思いました。
ジーンズに穴が開く前にそのジーンズに飽きると思いますが。



このプチスタは臀部がボロボロでみっともないのですが、ケツなんて誰もみていないので着用を続行します。



終わり

2016/04/10

毎日磨くスニーカーと財布

今回の投稿はプチスタ無関係です。
内容はスニーカー二足と、不定期で投稿している財布の画像などです。



早速ですが、本題です。
十年ちょい前くらいに日本の若者の間では割とダンクが流行っていました。主にプレミアムや、SBのダンクなどです。
上記のダンクは茶色のレザーのものやスケーターとのシグニチャーモデルで、プレミアがつき価格が高騰していました。



その後、オールブラックのダンクプレミアムの発売が決定し、私はそれを予約をして買いました。しかし、人気がなかったようで、発売から数ヵ月後に80%引きで販売されていたので二足目も購入しました。



当時購入したダンクは現在、以下の画像のようになりました。
ダンクプレミアム黒
十何年か前に買って、未だに履くスニーカー。
これまでの人生で最も履き、これからも履くスニーカー。
最高級レザー仕様とのことで変な味がでています。
靴底が割れて補修しました。
新品の方は実家で眠っています。



それなりの革のようで磨くとテカります。
数年前にa.p.c.からスエードかの単色のダンクが発売されましたね。
なので上掲のダンクもプチスタに合う、
ということにしてください(こじつけ)。



長くなるので追記を区切りますが、続きも雑記です。