ラベル ハーフパンツにしたレスキュー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ハーフパンツにしたレスキュー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016/08/07

夏穿く短パン

近年の夏場はカットしたA.P.C.ジーンズを穿いています。
今年もそれらの画像を投稿します。
適当に洗っていたので自然な色落ちをしていると思います。


rescue
この裾のアタリが好きです
チェーンステッチ


28
裏地にベルトループのアタリ


背面
膝が丸見えになる丈で穿いています


こちらは短パンにした直後のレスキューです
見比べると色落ちが進んでいますね


余った下部のデニムは補修布になりました


2015/08/15

ハーフパンツにしたrescueとdenimeの66

日差しもやや弱くなってきましたね。
今回の投稿はハーフパンツにしたレスキューとdenimeの66の画像です。
何回着用したか記録していませんが、着用する度に洗濯してました。


まずはapcのレスキューから。
室内で撮影したので色が実物より濃くなりました。

耳のアタリを注視してください
下記でdenimeとのアタリの差が

理想の裾の色落ち

生地のザラ感がよわめ


緑青発生




次は現denimeの66をたんぱんにしたもの
耳のアタリがではじめてます
上のapcはほとんどでていません
洗濯方法は同じです

生地にザラ感があり、色落ちした粒が繋がって色落ちしていきます
ヴィンテージの生地はもっと粒がたっている感じです

裾のアタリはまだこれからです
上のレスキューよりこちらのほうが洗濯回数が少ないです

ラベル
無くても良いです

ポケットのパッカリング
バックヨークのパッカリング
比べてみてください

個人的にはdenimeの色落ちが好きです。
パッカリングのアタリがきちんとでるので。


終わり

2015/07/28

短パンにしたレスキュー

暑いですね。


夏場はアーペーセーデニムの短パンばかりここ数年はいていたのですが、今夏は、いまのところナイキのドライフィットのハーフパンツばかり着用していました。楽なので。ですが、近所ですれちがった高齢の自転車に乗った男性が、スポーツブランドのトップス、ボトムスを着用していて、自分と遜色ない感じの装いだったのでちょっと不味いかなと思いました。


そして、久々にアーペーセーデニムの短パンを穿こうと思い、先日着用し、当ブログを思い出し、今回の投稿に至りました。


下のジーンズ(アペrescue)を先日、一回穿いたところ、かなり汗を吸ったので洗濯しました。このまま全体的に色落ちしていきそうでが、夏場穿くジーンズの色は薄くてもいいと思います。こちらのジーンズは結構な頻度で洗濯しているのですが、近くでみると、生地にザラ感、凹凸のある立体感のある色落ちをしているように思います(denimeの方が色落ちはいいと思います)。


合わせて着てる服
廃番になったレスキューの短パン

サーバンリサーチのシャツ
中ガーゼ風

ポロジーンズ(ラルフ)のデニムハット
かれこれ十年以上夏場愛用


全身青です。スニーカーは以前投稿したロッドレイバーを履いています。インナーは白T、その他もろもろです。


終わり。

2014/09/13

昨年ハーフパンツにしたレスキューの穿き納め。

今回の投稿は昨年、ハーフパンツにしたレスキューについてです。


若干、肌寒くなってきたので、衣替えということで、こちらのハーフパンツは穿き納めです。
この夏、何回も着用したと思いますが、着用時間の記録はつけていません。
洗濯回数は、適当に穿いて、気になったら洗っていました。



ここまで無駄に洗わずにプチスタを穿いてきたのですが、考えを改めて洗濯頻度を増やそうかなと思案中。


以下、ハーフパンツにしたレスキューの画像(洗濯後)。


裾の色落ちが気に入っています。チェーンステッチです。



下の一枚だけ青みの輝度が高いのですが、全て同じジーンズです。



2014/07/14

昨年ハーフパンツにしたレスキューも洗濯しました。

今回の投稿は、昨年、ハーフパンツにしたアーペーセージーンズのレスキューの洗濯後に関する内容です。
特筆するべき点は無いのですが、経年変化の記録として投稿しています。


昨年の夏はこのジーンズにセントジェームスのカットソー、足元ビルケン、デニムハットで乗り切りました。今年も無味乾燥な服装で夏を乗り切ります。






背面の画像が奇妙な形に撮れていますが、実物は変形していません。
洗濯、乾燥後のアーペーセージーンズに触れるたびに生地にコシ、ザラ感が戻りいいデニムだなと思います。


あと先日、当ブログにて記述した通り、denimeのジーンズも股下16cm指定で補正にだしました。
旧denimeではなく、新denimeのジーンズは色落ちの評判が旧denimeのジーンズより良くないのですが、ハーフパンツにして清潔に穿いていこうと思います。
リゾルトが推奨しているようなミントブルーを目指そうと思います。



終わり。

2014/06/14

夏場に穿くアーペーセージーンズ

暑くなってきましたね。
夏季に穿くためにカットしたレスキューとキュアを一年ぶりに引っ張り出してきました。
夏場用なので、アタリ等の色落ちは意識せず普通に洗濯をして全体的に色落ちさせていきます。


レスキュー
昨年の夏場、よく穿いてました。今年も穿きます。
rescueはバックポケットの位置が他のモデルより低めに設定されているようです。下のキュアと見比べてみてください。







キュア
ユーズドで購入したキュアをハーフパンツにしました。
購入時からヒゲがついていました。
ハチノスもはいっていたのですが、色落ちが私の体型にフィットしなかったこともありカットしました。




夏場はきちんと洗濯して穿きます。
あともう一本、apcデニムを短パンにする予定です。


終わり。

2013/09/19

3ハーフパンツにしたレスキュー。穿き納め。

今回の投稿は、ハーフパンツにして穿いたレスキューの洗濯、乾燥後の画像と、ひと夏穿いた感想です。


レスキュー
この夏で3回洗濯しました。
青々としていて、薄くアタリが見受けられます。


残念ながらでん部が白くなってきました。


裾のアタリがついてきました。
チェーンステッチ仕上げです。
上げ幅1.25cmで1cmの所を縫っています。


以下、長文の感想です。

2013/08/05

2ハーフパンツにしたレスキューを洗濯しました。

毎日暑いですね。
ハーフパンツにしたレスキューを洗濯しました。



2013/07/09

1ハーフパンツにしたレスキューを洗濯しました。



 私の住んでいる地域が七夕前日に梅雨明けし、いっきに寝苦しくなりました。先日、ハーフパンツにしたレスキューを洗濯しました。このジーンズは月に一回位は洗おうと思っていたのですが、いざ洗濯となるとためらってしまいます。洗濯後、青々としていて苦手な色味になりましたが、夏場なので耐えられそうです。画像では伝わりにくいと思いますが、既に薄く腰ヒゲが付いています。デニムは生地についたシワの凸部分から色落ちしていくので、洗濯を控えれば凹部分の生地のインディゴは濃いまま残り生地に濃淡がつきます。気をつけていたのですが、股部分も色落ちしていました。プチスタの二の舞は避けないと。



腰ひげが薄くついています。
レスキューはバックポケットの付いている位置が通常のジーンズよりも下のようです。

2013/06/08

ハーフパンツにしたレスキューの近況

あまり穿く時間がないのですが、穿けるときは好んで穿いています。
股下18cmにしたのですが、丈も気に入っています。









2013/05/26

ハーフパンツにしたレスキューとキュアについて。

今回は、レスキューとキュアをハーフパンツにしたので、その様子を投稿します。
レスキューは股下18センチで、キュアは20センチで裾上げしてもらいました。
数回着用した結果、18センチの方がしっくりきました。

市販のメンズのデニムハーフパンツの股下は長すぎると思います。
どうも膝が隠れるサイズがベストだと考えているようなのですが、野暮ったく、ブランカを髣髴とさせます。
個人的には、ハーフパンツとショートパンツの中間辺りの丈がいいと思っています。

最近の気候はかなり暑いです。
まだ湿度が高くないだけマシなのですが、6月からは湿度も高くなって嫌な暑さに…。
既にプチスタは着用停止中。
プチスタの着用再開は、9月の下旬から10月上旬を予定しています。

rescue

rescue

cure

cure

cure

resucueに関しては言う事がなく、思った通りになりました。
cureは古着で購入したのですが、前オーナーがつけた腰周りのアタリにそってシワがついています。
apcのデニムは形状記憶生地というか、なんというか。


そういえば、今年もナイキとアーペーセーのコラボのスニーカーが発売されましたね。値段も手頃でいいなと思ったのですが、販売初日の夜には売り切れていました。今回もプレミア価格で転売されると思います。


終わり。

2013/04/26

ハーフパンツにしたレスキューの裾をうねらせたかったのでお湯につけた。

先日、ハーフパンツにしたレスキューの裾にパッカリングにそったアタリをつけるため、お湯につけてうねらせた。まだうねりがよわいので、もう二回くらいお湯につけようと思う。




以下、2013/04/27追記。
昨夜、お湯をつけて縮ませた裾のうねりが甘かったので、もう一度お湯につければさらにうねりがでると思い、お湯につけたがあまり変わらなかった。


2013/04/13

猛暑余裕?長い間たんすを温めてきたRESCUEをハーフパンツにした!その出来は?


期待のルーキーだったレスキュー。


昨年の冬から、箪笥の中で定位置を確保し、完全に着用する機会を失っていたa.p.c.のレスキュージーンズの活用方法を考えてきた。

これまでに購入した全てのジーンズと同じように、このレスキュージーンズも購入時は、ワードローブの一翼を担うであろう期待のルーキーとして我が家にやってきた。

レスキューの購入により、所有するジーンズ達の激しい定位置争いの火蓋が切って落とされるハズだった。


ワードローブの双璧。


いざワードローブ争いの蓋を開けてみると二本のプチスタの壁は厚かった。

まず、このレスキューは私が所有している他のアーペーセーのジーンズであるプチスタやニューキュア、ニュースタの代わりとして着用される機会を得なければならなかった。

ニューキュアは年に一回位、出来心でプチスタより細いジーンズが穿きたくなり、クローゼットから引っ張り出して、そのタイトフィットに飽きるまでの穿いていた。プチスタを穿き始めてからニューキュアの出番は減った。

ニュースタは大きめのサイズを買ったのでややルーズ。バギーとまでは行かないが、このレスキューと立ち居地がほぼ一緒だ。このニュースタも余り穿いていないが、それでもレスキューよりは穿いた。

現在、最も愛用しているのは、リジッドから穿いているプチスタ、その間を埋めるのは、糊落とし後、穿いているプチスタだ。この隙のないプチスタの二段構え。信長公の鉄砲隊によろしく。アリの入る隙すら無い鉄壁にみえた。

まずニューキュア、ニュースタがあり、プチスタが待ち構える。さらに数本のレプリカジーンズ達が控えている。これらを抑えなければ、レスキューの出番はない。

結局、長い間このレスキューを穿く事は無かった。

レスキューのシルエットはややワイドなストレート、膝下以下もテーパード無し。現在のテーパード全盛期、この流行に真っ向から抗うシルエット。最後まで膝から裾まで一直線のラインを描くこのレスキューを自分の物にできなかった。

またしても不要なジーンズを買ってしまったと唇をかみ締めたあの寒い夜。
冬が終わる前に、このレスキューを飼い殺し状態から救い出す事を誓った。


レスキューを活かす為に。


夏は暑いので細身のプチスタンダードは穿かないようにしている。
何故なら、数日で洗濯が必要になるほどの汗を生地が吸収するからだ。
洗濯回数が増えれば、その分だけインディゴが落ちてしまう。

穿きこむ以上は、皮脂による生地の劣化は是としている。

だが、生地のベタつきや臭いはほっておけない。
夏場にPSを穿くと、すぐに生地が許容量以上の汗を吸いベタつきはじめる。
以上の点から夏場はPSを穿かない。

このレスキューは冬のボトムスとしての定位置は得られ無かったが、夏のボトムスの主役にする為にショーツになってもらう。
デザイナーの意図と違う形で服を着るのは本望ではないが、このレスキューにはこれしか道がない。背に腹は変えられない。着用するために股下を切り落とす。

レスキューを補正すると決めて以降は、股下を何センチにするかで悩んだ。

昨年の夏に愛用していたショートパンツの股下は22センチ。
それを一回折って穿いていたから20センチくらいがベストだと考えていたが、紆余曲折を経て、股下18センチで補正を依頼した。
裾上げ幅は12.5mmでチェーンステッチを指定した。

店にとって春は繁忙期のようで、仕上がりまで普段の倍の時間がかかるようだ。
肌寒さを感じながら春とレスキューの仕上がりを待つ。
帰路で見た桜が綺麗だった。


ショートパンツになったレスキューを受け取って。


冬の終わりを告げる春一番が吹き荒れ、サクラは散り、葉桜の新緑、春が息吹く。

出会いと別れの季節、新しいレスキューを新しい気持ちで迎えるにはうってつけの時期だ。
自己の浅薄な収集意欲を抑えられず、その犠牲となり、形を変えるハメになったレスキューを迎えにいく。

仕上がり予定日、申し訳なさと不適切な期待を募らせながら店に向かった。

レスキューは変わった。股下が大分短くなり、新しく生まれ変わったと言える。
一見は百聞にしかず。是非、このレスキューショーツの画像を見て頂きたい。






仕上がりを見た感想。


ワタリ幅が広めだったので、キュロットスカートみたいになったらどうしよう、と危惧していたが、無事に何の変哲もないデニムショーツになった。狭い幅でロールアップしてもよさげだ。

裾は洗わないとパッカリングがでないが、夏に穿けばすぐに洗うことになるから大丈夫。
念のため裾だけお湯につけてうねらせておこうかな。

リジッドからはいてるPSは、未洗いで裾のパッカリングが皆無のまま穿いて、裾が色落ちしてきている。うねりにそった色落ちは微妙になりそう。

カットした分の生地は、今後穿き込んだA.P.C.ジーンズをリペアする際の当て布として使う予定。

濃紺のデニムショートパンツがもう一本欲しくなってきた。